水素ガス吸入機

サイトマップ お問合わせはこちら

Home > 水素ガス吸入機

水素ガス吸入機

水素ガス濃度を爆発限界未満に制御している
唯一の水素ガス吸入機です

いつまでも若々しい身体を維持するために水素ガスの吸入が注目されています。当社の水素ガス吸入機は水素ガス濃度を爆発限界未満に抑えて吸入できる唯一の水素ガス吸入機です。

弊社製水素ガス吸入機は、特許第5091364号、第5100911号、及び第5900688号で保護されています。

特 長

水素ガスは空気中では4~75 %の濃度範囲で酸素と激しく反応して爆発する危険性があると報告されています(三宅淳巳:水素の爆発と安全性, 水素エネルギーシステム, Vol.22, No.2, 1997)。しかし、当社では水素ガスの爆発する濃度範囲を文献的に調査し、また実験的に詳しく確認したところ、通常の環境において10 %以下の水素濃度では問題ないことが分かりました(柳生 昭三 他:水素の爆発危険性についての研究, 産業安全研究所研究報告, RIIS-RR-18-1, p3~5)。文献調査の報告書は添付文書をご覧下さい。

そこで、当社では水素ガス濃度を6.0~7.5 %に制御したMHG-2000αを開発しました。本機は水素ガスの実験的および文献的爆発下限界(10 %)未満に水素ガス濃度を制御した安全対策を行っています。また、非常時における安全対策や水素ガス濃度を表示する特徴を持っています。

さらに、当社では同様の安全対策(水素ガス濃度を2.0~2.5 %に制御)を行った吸入機MHG-2045を開発しました。本機には、水素ガス濃度の表示を行っておりません。

項目 本機の特長
水素ガス濃度を制御 本機は水(精製水、蒸留水)の電気分解により水素ガスが発生する瞬間に空気を電極表面に吹き付けることで、水素ガスの発生時から患者さんが水素ガスを吸入するまでの全ての過程において、水素ガス濃度を実験的および文献的な爆発下限界未満である10 %未満に抑える対策を行っています。
非常時対策 希釈用空気を検知しない場合、電気分解用の水が無くなった場合、および機器が揺れなどで転倒した場合にはそれぞれ自動停止する安全機能を備えています。
水素ガス濃度表示 水素ガス発生の状態と希釈用空気を常時監視するシステムにより、混合気の水素ガス濃度をリアルタイムで計測し表示する特長を持っています。
※吸入機MHG-2045には実装されていません。
原料は精製水 原料が水(精製水、蒸留水)ですので、電源と水があれば、どこでも手軽に水素ガスの吸入ができます。

連続使用時の水素ガス濃度

当社の水素ガス吸入機の作製方法と水素ガス供給の原理、ならびに水素ガス吸入機の水素濃度設定を約3 %とし、始動後3時間にわたり水素濃度を測定した結果が米国を拠点とする医療ガス専門の国際的科学誌(メディカル・ガス・リサーチ誌)に掲載されています。
http://www.medicalgasresearch.com/content/pdf/s13618-015-0034-2.pdf

仕 様

項目 仕様
型式 MHG-2045 MHG-2000α
供給量 2 L/分
水素ガス濃度 3.0~3.5 % 6.0~7.5 %
水素ガス濃度表示 表示せず 表示
吸入時間設定 5〜90分(5分間隔で設定可能)
定格電圧・周波数 AC100V・50/60 Hz
定格電流 0.5 A 1.4 A
使用周囲温度 約10~40 ℃
給水水質 生成用:当社水素ガス吸入機用専用蒸留水、冷却用:水道水(冷水)
外側寸法(mm) W254×H278×D170
重量(kg) 約3.0

特許による保護

当社の水素ガス吸入機は特許第5091364号、第5100911号、及び第5900688号で保護されています。